ニオイザクラ、香りが良くておすすめです。

ニオイザクラは常緑低木で、管理次第で毎年花が楽しめます。

常緑なのですが、暑いと葉色が悪くなり、寒さに当たると落葉してしまう事もあります。(自衛反応かな?と考えます。)

日本の気候が苦手なので、少し難しく感じる植物です。

現在、ピンクの玉の様な蕾が徐々に開き始めました。

開花と共に爽やかな香りが辺りを漂っています。

まだ硬い蕾もたくさんあるのでこれから永く楽しめます。

少し管理が難しいですが、おすすめしたい商品です。

是非、宜しくお願い致します。

ここからは育てる上で注意する事を書きたいと思います。

注意点は、”水やり“、”温度“、”病害虫“です。

①水やり

毎度しつこいですが、『表土が乾いたらタップリ水』です。

ただ、夏や冬は活動が緩やかなので水のあげ過ぎに特に注意して下さい。少し乾燥気味の方が安全です。

②温度

暑過ぎ、寒過ぎなど極端な気温が苦手です。

春秋は直射日光のあたる屋外での管理で問題ありませんが、夏は風通しの良い半日陰で、冬は朝晩だけでも暖かい場所に置いてあげると良いです。

③病害虫

“アブラムシ”、”ハダニ”、を見掛けた事があります。春秋は特に活動的なので注意してあげて下さい。

また、見掛けた事は無いのですが、”カイガラムシ”も好みそうな気がするので、枝や幹にも念のため注意してみて下さい。

以上です。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする