小みかんを仕入れました。

今回もおすすめ商品をご紹介したいと思います。

桜島小みかんと言い、世界一小さいみかんとされています。

実の大きさは直径約5cmです。実が小さい代わりに樹にはたくさん実が着きます。

たくさん実が着く姿は観賞価値も高いと思います。

更に実もしっかり甘いのでおすすめです。

それでは、育てる上での注意点を書きたいと思います。

基本的に柑橘類の育て方と同じです。

注意点は『水やり』『病害虫』『日当たり』『肥料』です。

まずは『水やり』についてです。

毎度の通りですが、水が多いと根腐れします。

みかん農家さんの畑を想像して下さい。傾斜地に植える事により”水捌け”と”日射”を確保してます。乾かせ過ぎも良くないですが、比較的乾燥に強いので土質なども考慮しつつ、乾燥気味に管理してあげると健康に育ちます。

地植えの場合は植え付け直後にタップリ水をあげたら以降は不要です。夏場に植え付ける場合は天候によって多少の水の助けは必要かも知れません。

続いて『病害虫』についてです。

春から秋に掛けては病害虫リスクは少し高いです。注意すべきは”蝶類の幼虫””カイガラムシ””ハダニ”です。しかしリスクの高い時期に定期的な防除をしてあげられたらそこまで怖いものでは有りません。

また、枝葉が混み合ってきたら剪定などして風通しを良くすると病害虫リスクが下がります。

続いて『日当たり』についてですが、柑橘類は日光大好きなので良く当ててあげて下さい。

枝葉が混み合ってきたら剪定し、日光が内側にも通る様にしてあげると良いです。

最後に『肥料』についてです。

活動が鈍い冬以外は定期的に施してあげて下さい。ただ収穫後、”お礼肥”くらいは冬場でもしてあげても良いかもしれません。

以上です。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする