肥料チャンスです。

春めいて来て過ごしやすくなってきましたね。

植物も目を見張る生長をしてきてます。こんな時に栄養をあげるとグッと良くなりますよ。

肥料の用量用法を守って定期的に与えてあげて下さい。

どんな肥料をあげれば良いのかについては『肥料をあげようかなぁ』と『肥料の話、続きです。』をご覧下さい。

今回は肥料の必要性を書きたいと思います。

植物の構成する元素は50種類以上あります。植物に必要な元素を”必須要素”と言い、炭素、水素、酸素、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、イオウ、鉄、その他、ありそれ以外も”有用要素”と言い、ケイ素、ナトリウム、アルミニウム、その他、があります。

上記の中でも窒素、リン酸、カリの”三要素”が最も吸収量が多く、それに次いでカルシウム、マグネシウム、イオウも吸収量が多いいです。三要素と併せて”多量要素”と言います。

上記以外も吸収される要素はありますが、植物が欲しがる三要素を中心に生長期は与えてあげると成果が見られます。

ただし、あげ過ぎや根が弱っている時は逆効果になるので注意が必要です。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ご質問やその他お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。