寄せ植えのご提案をしたいと思います。

急に寒くなってきましたね。

モミジなど紅葉がキレイだった物も落葉が進んでしまい寂しい気分です。

色が少ない景色も季節を感じられ良いものですが、今回はカラフルな景色を仕立てる『寄せ植え』のご提案をしたいと思います。

今の時期は寄せ植えに適した植物が多いです。

それらを使っていくつか寄せ植えイメージをご紹介したいと思います。

フリルパンジー(黄色ブロッチ)を中心に、奥にウィルマークレストを配置、手前に葉牡丹、サイドにアリッサムで華やかさを出しました。

奥にウィルマーと葉牡丹、中心に白妙菊、手前にアリッサムとビックベリーを配置しました。

時間が経つにつれ、少し高さが出るものを奥に、高さが出ず垂れる物を手前にしました。

奥は高く、手前は低くの構成はそのままで、奥はユリオプスデージーで主張させ、脇を観葉アスパラガス『ナナス』で変化を付けました。

手前は実物のビックベリーとツル性の初雪カズラを配置し、赤い実と紅葉した初雪カズラで季節感を出しました。

奥は③の構成と同じですが、中心にパンジー、手前にジュリアンを配置し派手さを主張しました。脇に白妙菊を置く事によって冬感アップです。

パンジーやジュリアンの華やかさをキープしつつ、葉牡丹と白妙菊で落ち着いた感じをプラスしました。

比較的高さのある葉牡丹を主役にし、奥にパンジー、手前にオキザリス『桃の輝き』を配置しました。

写真は夜に撮った為、オキザリスの花が閉じてますが、日に当たると花が開きます。

日中と夜で表情がかなり変わるので面白いと思います。

葉牡丹、アリッサム、観葉アスパラガスの3種類でまとめました。

白と緑でまとめ今の時期に合う感じにしました。

⑦に対し、観葉アスパラガスを白妙菊に変えました。

更に冬感、雪感が出たと思います。シンプルでキレイだなと感じました。

脇を固める物はあまり変えず、主役をメラコイデスのピンクにしました。

写真では花茎が1つですが、今後たくさん上がって来るので華やかさがアップして行きます。

今まではシンメトリーで構成してましたが、崩してみました。奥と手前の高さへの構成はそのままで、少し見る角度によって主張が変わるようにしました。

色々な物を入れるのも賑やかで楽しいです。

ご紹介は以上です。

今回は10号浅鉢を使い、鉢に苗を差し込んでパターンを提案させて頂きました。

『寄せ植え』のご提案でしたが、今回の様に『寄せ鉢』で仕立てるのも簡単で良いかも知れません。

是非トライしてみて下さい。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする