匂い桜が咲いてきました。

良い香りがしたので自分の鼻を頼りに探してみたら花が咲いてました。

この匂い桜は『紅富士』と言う種類です。花弁のピンク色が濃いです。

丸みのある花弁が可愛く、とても良い香りがするのでおすすめです。

また、私としては開花前の蕾も丸く可愛い形をしてるのでおすすめできるポイントです。

もう一つ、寒さに当たると紅葉もするので綺麗です。

楽しみがたくさんでおすすめです。

ここからは育て方について書きたいと思います。

注意したい点は”水やり”、”温度”、”病害虫”、”その他”です。

まず”水やり”についてです。

いつもの通り”表土が乾いたらタップリ水”です。若干過湿を嫌います。とは言うものの、葉の大きさや枚数など比較的水を必要とする条件が揃った植物です。乾燥し過ぎにも注意して下さい。

続いて”温度”についてです。

一般的には高温を嫌い、低温も苦手と言うことで少し気難しい印象を受けます。酷暑や厳寒では室内で管理されることが良いかも知れません。

当店での実際では、夏は外(そこそこ日が当たる)、冬は無加温の温室(0℃付近にはなる)で管理してました。

枯れる事は無く、逆に花着きが良く感じました。ただ、葉の綺麗さは若干劣ります。

続いて”病害虫”についてです。

寒い時期はそこまで注意しなくても良いですが、暖かくなる頃から病害虫予防をすることがおすすめです。

最後に”その他”についてです。

“その他”とは”肥料”と”剪定”です。

肥料は3月~10月に掛けて定期的にあげて下さい。剪定については花後が良いです。

育て方については慣れるまで少し難しく感じるかも知れませんが、価値ある植物と思います。

是非宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする