当店特製の培養土いかがでしょうか。

今回は当店特製培養土のアピールをしたいと思います。

ガーデニングがしやすい時期になってきましたね。ガーデニングをする上で土質は日頃のお世話と同じくらい重要です。

どんな土を使っても”育てる”事は可能ですが、”健全に育てる”にはある程度『ちゃんとした土』を使われる事がおすすめです。

一般的な植物における土の役割は、『養分の保持』です。少し固い表現を使いましたが、植物には水素、酸素、炭素、窒素、リン、カリウム、その他微量ですが約50程の元素が含まれています。

それら元素が植物の活動状態や土の状態(酸性度など)によって植物へと吸収されます。

その為、ある程度いろんな元素に富んだ肥沃な土が一般的におすすめです。

植物も人間と同じく細胞分裂をしながら生長して行きます。細胞分裂をする為には、上記の必要な元素を土などから取り込み、自分で栄養素を生成したりします。その為、あまり片寄った土質では期待した生長にならない事もあります。ある程度『ちゃんとした土』を選んで下さい。

そんなこんなでアピールします!

当店特製培養土はいろいろ豊富に混ぜています。もちろん植物や人体に悪い物は混ぜてません。

上の写真は当店のミキサーです。

下の写真は原料の土です。

当店の培養土は、”草花用”、”樹木用”、”観葉植物用”、”多肉植物用”、”バラ用”、”洋らん用”、”セントポーリア(室内園芸)用”などご用意があります。

時代と共に環境が変化してきてますが、環境を考慮しながら配合を変えております。

他社製品と比較すると値段は高いと思いますが、コストパフォーマンスは良いと思います。

是非当店の培養土を宜しくお願い致します。

もうひとつ土についてお伝えしたい事があります。

『土質はお客様の生活に合ったものを!』

何かと言いますと、お客様が行う植物の世話の仕方に合う土を選んで下さい。もしくは配合を調節してあげて下さい。

例えば、

お仕事など忙しくあまり世話をしてあげられない方は、”水持ちの良い傾向の土”を。

植物を可愛がり過ぎて少し水を多く与えてしまう方は、”水捌けの良い傾向の土”を。

などなど、お客様と植物に合った土を選ぶ、もしくは配合してあげて下さい。

具体的にどうしたら良いかわからない時はお問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。

【ご参考投稿】

(土①)当店特製培養土をアピール致します。

(土②)土についてもう少し詳しく。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする