クチナシ見て良し、香り良しです。

今回はおすすめ商品のご紹介をしたいと思います。

八重咲きのクチナシです。

見て綺麗、香りも良く、暑さ寒さにも強く、剪定にも強いです。

また低木常緑樹ですので年間を通し緑が楽しめます。葉の掃除が楽ですね。

なお、着色料に使われるクチナシの実は着きません。

育て方も比較的簡単です。

水やりですが、地植えの場合基本的には不要です。植え付け後、日照りが続くようでしたら、根が張り出すまでは助けてあげます。今の時期、環境にもよりますが、目安は5日に1度のペースでしょうか。

鉢植えの場合は、水切れに注意します。元気な株は根張りが強いので水も乾き易いです。表土が乾く前に水をあげて下さい。ただし、あげ過ぎにも注意です。

その他注意点は害虫です。

比較的見掛けるのは、”オオスカシバ”です。蜂の様な色をした蛾です。警戒心が強く写真が撮れませんでした。

オオスカシバが卵を良く産み付けます。0.数mmの白い卵を見掛けたら落としてあげます。

その他、たまに見掛けるのが”マメコガネムシ”です。葉を食害します。見つけたら駆除します。

以上です。

いくつか注意するところはありますが、それでも管理は楽な方です。

以上です。宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ご質問やその他お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。