サザンカの手入れを致します。

今日はサザンカの作業をご紹介致します。

作業は、①剪定、②植え替えです。

これからご紹介する作業は来年も商品にする為の作業ですので、若干一般的で無いかも知れませんが参考になれたら幸いです。

まず、①剪定です。

花が終わり、今後、春から伸びる新芽が樹形を崩すので、今のうちに整えます。

また枝が混み合っていると、”チャドクガ”など害虫のリスクも高くなります。

上の写真の様に、葉の付け根に新芽が見えます。

写真の芽は向かって左方向へ伸びます。

この新芽が葉を展開し、枝が伸び、年末頃に花芽が付きます。

その為、新芽の位置から来年の花の位置を予想してハサミを入れます。

当店では、あまり大きくしたく無いので、幹に近い芽を残し、その先は切り落とします。

結果は下の写真です。

サッパリしました。

②植え替えですが、

一回り大きい鉢に植えてあげます。新芽の生長と共に根も伸びますので、根詰まり防止の為、新しい土を入れてあげます。

土は赤玉土(小粒)などを主体にした水はけの良い土が良いです。

植え替え後、水やりの頻度が変わってくるので少し注意が必要です。

また、仮に株が弱っている場合は原因によって植え替え方が変わってくるので一度ご相談下さい。

以上です、参考になれたら嬉しいです。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。