オシロイバナがキレイに咲いてます。

初夏に仕入れたオシロイバナの苗が大きくなりたくさん花を咲かせています。

このオシロイバナは『微笑みがえし』と言うシリーズで”二段咲き”をしてくれます。

花が終わっても苞(上の写真赤矢印)が花と同じ色で残る為、2回咲いているように見えます。

春から寒くなるまで楽しめるのでおすすめです。

なお、冬は地上部が枯れてしまいますが宿根草なのでまた翌春も楽しめます。また、種でも増やせます。

オシロイバナの楽しみ方として子供の頃遊んだ経験があるのですが…

種(苞)の部分を雌しべが付いた状態で花弁から慎重に引き抜き、パラシュートのようにしても遊べます。

高い所から離すとゆっくり降りていくさまは子供ながら楽しかったです。

昔ながらの花遊びなのでお子さんと遊んでみてはいかがでしょうか。

ただし、注意事項があります!

オシロイバナは毒性が有り、誤飲すると嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出る危険があります。注意して下さい。

ここからは育てる上で注意したい事を書きたいと思います。

注意点は”水やり“、”置場所“です。

①水やり

比較的乾燥に強い植物です。水のやり過ぎに注意です。

しかし夏場大きく育つと乾き易いです。乾かし過ぎにも注意が必要です。地植えの場合はよっぽど日照りが続かない限り水は不要と考えます。

②置場所

日が良く当たる所がおすすめです。光線量不足は花着きが悪くなったり、株姿が崩れる事があるので注意が必要です。

以上です。

害虫が付きにくく、メンテナンスが楽なのでおすすめの商品です。

取り扱い商品は少し成長して大きくなってますが、良い商品なので宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする