ボタン、期待感大です。

まだ積極的に店頭へ並べて無いですが、ボタンの蕾が日に日に大きくなって来ているのでご紹介したいと思います。

種類によって開花時期がずれますが、上の写真の株はもう少しで咲いてくれそうです。

他にも当店では10株(それぞれ種類は異なります。)程取り扱っております。

暑さ寒さに丈夫でその他管理も比較的容易で育てやすいと思います。

美しい豪華な花が望めますので是非いかがでしょうか。

ここからは育て方について書きたいと思います。

去年の投稿と基本的に同じで、重複しますが、併せてご覧頂けたらと思います。

注意する事は、”水切れ“、”病害虫“です。また、その他留意していただきたい事は、”日当たり“、”剪定“、”肥料“、”植え替え“です。

まず始めに、

①水切れ

いつもと違い『表土が乾いたら…』では無く、『表土が乾く前にタップリ水やり』で大丈夫です。(鉢植えの場合)

根腐れのリスクは低いです。

葉が大きく展開して行くこれからの季節、水切れによる葉へのダメージは、翌年の花の出来に関わって行きます。水切れに注意して下さい。

地植えの場合は、晴れた日が永く続かない限り必要ありません。

②病害虫

“アブラムシ”や”カイガラムシ”など着いているのを見た事があります。稀に、”コガネムシの幼虫”も鉢の中に潜んでいたりします。定期的な対処をしてあげて下さい。

以上さえ注意していれば枯れる事はほとんど無いと考えます。

ここからは株を良く保つ為に、留意したほうが良い事を書きたいと思います。

・日当たり

耐陰性はあるものの、花の出来を良くするには、葉のある時期に日を当てて下さい。

・剪定

永く剪定をしていないと背が高くなり見た目にまとまりが無くなって行きます。落葉直後に接ぎ位置や節を見ながら低い位置で剪定をしてあげて下さい。

・肥料

3月から落葉するまで、定期的に適量の肥料を与えてあげて下さい。

・植え替え

鉢植えの場合、1~2年に一度、落葉後~1月までに土の交換(約1/3~1/2の量)をしてあげて下さい。

以上です。

宜しくお願い致します。

(ご参考投稿:牡丹が咲き始めました。)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする