梅盆栽の剪定をします。

今回は梅盆栽の最終的な形を決める剪定をご紹介したいと思います。

以前の投稿では徒長した枝の先端を切り、これ以上徒長しないようにしました。

今回は来年の花の位置を想定しつつ、形を整えようと思います。

上の写真の様に徒長した赤丸部を切り、全体としての形を整えます。

こんな感じです。写真が分かり難くて申し訳ないです。

あまり形を決める剪定が遅くなると準備を整えた花芽を切ってしまう事になり翌年の花の数に響きます。

逆に早い時期から形を決める剪定をしてしまうと葉が少なくなってしまい養分を作り出す量が減ってしまいます。また、切り口から枝が出てしまうなど形も崩れる事があります。

花を見たい位置に咲かせるには、枝の伸びが止まる夏場に枝の長さを整え、残した葉を大事にしながら日に当ててあげます。

その他、肥料や病害虫にも気を付けてあげます。

来年たくさん花が見れると思います。

ご参考になれたら幸いです。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ご質問やその他お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。