アジサイ作業②芽の選別

今回はアジサイの作業をご紹介したいと思います。

以前の投稿(アジサイ作業①切り戻し)からあまり時間は経ってませんが、おすすめ作業があります。

新芽を選別します。

切り戻しを行いしばらくすると、新芽が確認できるようになってきます。

来年に良い花を見る為には、今から良い花芽を着けてくれそうな元気な芽をいくつか選び、それ以外を芽掻きしてしまいます。(何輪咲かせるか=今回残す芽と大体考えて下さい。)

上の写真では勢いのある芽とまだ小さい芽が確認できます。中央に密集している芽を殆ど掻き、左右の大きそうな芽を残します。

6芽ほど残しました。

芽が生長すると混み合ってしまうので風通しも想定して芽掻きします。

残す芽の数は、鉢の号数=芽の数と言ったところかと思います。

鉢の直径が15cmの場合、5号なので5か4芽ほどに絞ってあげると良いです。

新芽は柔らかく害虫リスクもあるので、防虫と肥料を施し終了です。

以上です、ご参考になったら幸いです。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ご質問やその他お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。