モミジ盆栽の作業(③再剪定)

今回はモミジ盆栽の作業をご紹介します。

春芽吹き、葉がボサボサになってしまいました。

幹の様子も確認できない状態で盆栽としての形が崩れてしまいました。

この状態から枝葉を選び形を整えるのも良いです。

そのままでも自然な形で良いとも思います。

しかし枝の強さ、葉の大きさなど不揃いなので再剪定しもう一度葉を出させようと思います。

これから出る葉は比較的大きさが揃う傾向にあります。

では具体的な作業ですが、

枝や葉柄を切り形を整えます。

上の写真の様に葉や枝(青線の絵)が元々伸びてました。

新たな芽(葉)が出る場所は葉柄の付け根(緑矢印)なので、写真の様に葉柄を半分程残し、枝も短くします。

全体的なバランスを見ながら赤線の様な三角を意識し剪定します。(基本的にはです。)

葉を落とすと土が乾き難くなるので水やりによる根腐れに注意して下さい。

ご参考になれたら幸いです。

宜しくお願い致します。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ご質問やその他お問い合わせの際は、お電話もしくはメールでお願い致します。